弁護士依頼のメリット

保険会社という存在は、決してあなたのパートナーとは言えない存在なのです。交通事故に遭ってしまって、あとは保険会社に任せておけば安心というモチベーションは100%間違いです。

保険会社という存在は、治療費や慰謝料等の支払いを少しでも減らすことを考え、そうすることで利益を上げていると思ってください。パニック状態になっているあなたにとって保険会社は一見親身にも見えますが、実際には違うと考えてください。

あなたは交通事故のシーンにおいて孤立した立場なのかもしれません。あなたは交通事故のシーンにおいて孤立した立場なのかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士という頼れる存在がいることを忘れてはいけません。弁護士へ交通事故の相談をすることで早期に解決するはずです。弁護士が側にいてくれれば、交通事故の保険会社とのやりとりは弁護士がしてくれるます。治療後の示談交渉も全部弁護士に任せておけばいいのです。弁護士という法律のプロフェッショナルが全部あなたの窓口に立ってくれるから、保険会社は弁護士がついたというだけでいい加減なことは出来ないという思いになることが出来ます。

実際に弁護士をつけることで、賠償額が増加すればいいですが、実際にそのようなことがあると言います。交通事故に遭ったとき、どの程度の賠償があるかということも大きな関心事です。

弁護士に依頼すれば、裁判所の基準で示談交渉します。