Category Archives: 未分類

保険会社と戦う

交通事故被害にあってしまった人たちは、100%相手が悪いと思っているのかもしれませんが、実際に交通事故はそれ程判りやすいものではありません。責任割合が100:0となる追突事故のような事例は確かに存在していることは存在してますが、被害者側にも一定の過失があると主張されるケースも多く存在しています。

そして更に交通事故には厄介な問題があり、被害者にもともと既往症などがあった場合、それが原因となり怪我が重くなったとして、減額の主張をしてくる場合もあると言います。

交通事故に遭った人たちが、これはちょっと納得がいかないというケースはみなさんが想像している以上多くあります。弁護士に依頼しなければ責任割合が70:30と言われて、そのまま受け入れなければならない場合もあるでしょう。自分が90:10 と思っていたとしてもです。

保険会社もいろいろな案件をこなして来た、その分野のプロフェッショナルであり、素人のみなさんとは全然存在が違います。そこに弁護士がついてくれるから、警察の実況見分の結果などの刑事記録を取り寄せて被害者側に有利な条件をいろいろと見付けてくれます。

警察が行う実況見分の結果など刑事記録を取り寄せなども決して素人のみなさんが出来る技ではありません。


裁判所の基準

保険金の基準には、自賠責保険の基準と、任意保険会社の基準、裁判所の基準の種類があります。

保険会社は実際に保険金を多く支払いしたいとは全然思ってないのです。保険金が少ないから保険会社の利益になると考えることが出来ます。したがって任意保険会社の基準は裁判所の基準に比べてかなり低い基準なのです。

交通事故被害にあった人たちの正当な補償とは考えることが出来ず、保険会社の利益のために設定されているものです。もっとひどい担当者のパターンもあり、自賠責保険の基準の範囲内の金額で示談提示をしてくるケースも大いにあり得ると言います。もっともらしい計算書を付けられれば、ほとんどの方々が素人の人たち同然であり、法律のノウハウも知らないから、それ以上のお金を受け取ることが出来ないものと考えてしまうのです。
自賠責保険とは、最低限の補償をするために強制加入になっている保険という意味であり、当然そこでは最低限の補償額の支払いしかない訳です。

しかし、弁護士に依頼すればこのような厄介な問題を、簡単にスルーすることが出来ます。なぜなら、弁護士は、裁判所の基準で示談交渉をするため被害者本人と保険会社とのやり取りで獲得できる賠償額より大幅な増額を期待することが出来るからです。


弁護士依頼のメリット

保険会社という存在は、決してあなたのパートナーとは言えない存在なのです。交通事故に遭ってしまって、あとは保険会社に任せておけば安心というモチベーションは100%間違いです。

保険会社という存在は、治療費や慰謝料等の支払いを少しでも減らすことを考え、そうすることで利益を上げていると思ってください。パニック状態になっているあなたにとって保険会社は一見親身にも見えますが、実際には違うと考えてください。

あなたは交通事故のシーンにおいて孤立した立場なのかもしれません。あなたは交通事故のシーンにおいて孤立した立場なのかもしれません。しかし、法律のプロである弁護士という頼れる存在がいることを忘れてはいけません。弁護士へ交通事故の相談をすることで早期に解決するはずです。弁護士が側にいてくれれば、交通事故の保険会社とのやりとりは弁護士がしてくれるます。治療後の示談交渉も全部弁護士に任せておけばいいのです。弁護士という法律のプロフェッショナルが全部あなたの窓口に立ってくれるから、保険会社は弁護士がついたというだけでいい加減なことは出来ないという思いになることが出来ます。

実際に弁護士をつけることで、賠償額が増加すればいいですが、実際にそのようなことがあると言います。交通事故に遭ったとき、どの程度の賠償があるかということも大きな関心事です。

弁護士に依頼すれば、裁判所の基準で示談交渉します。


交通事故で弁護士依頼

交通事故に遭ってしまったとき、ほとんどの人たちが何をしていいか判らないという問題を抱えています。兎に角事故に遭ってしまい、私達の頭がパニックになっている時です。そのような時にいろいろ難題と遭遇することになります。

その時弁護士という法律のプロフェッショナルにお願いするのも方法のひとつとして考えることが出来ます。しかし法律のプロフェッショナルにお願いすること自体私達の今までの日常生活とは無関係な体験で敷居が高いと思う人たちも多くいます。法律のプロフェッショナルをしっかりとパートナーにすることで得られるメリットについてもここで考えてみましょう。ひょっとしたらそこにはメリットだけでなくデメリットも存在しているかもしれません。

事故には突然であってしまい、私達のほとんどが法律のことに対して無知とも言えます。事故を起こしたとき、保険会社ともやりとりをしていかなければならないですが、保険会社とやりとりすること自体なかなか厄介な問題を抱えていたりします。

保険会社とはどのようなやりとりをして行けばいいのでしょうか。保険会社という存在は決して、あなたにとっていいパートナーとは言えないかもしれません。ただ保険会社のいいなりになっていたら、あなたが損をしてしまうかもしれません。

あなたはみすみす不利な条件に追い込まれてしまっているのではないか……ということについても考える必要があります。兎に角事故をおこしてパニック状態というのにそんなことが出来る訳ありません。