裁判所の基準

保険金の基準には、自賠責保険の基準と、任意保険会社の基準、裁判所の基準の種類があります。

保険会社は実際に保険金を多く支払いしたいとは全然思ってないのです。保険金が少ないから保険会社の利益になると考えることが出来ます。したがって任意保険会社の基準は裁判所の基準に比べてかなり低い基準なのです。

交通事故被害にあった人たちの正当な補償とは考えることが出来ず、保険会社の利益のために設定されているものです。もっとひどい担当者のパターンもあり、自賠責保険の基準の範囲内の金額で示談提示をしてくるケースも大いにあり得ると言います。もっともらしい計算書を付けられれば、ほとんどの方々が素人の人たち同然であり、法律のノウハウも知らないから、それ以上のお金を受け取ることが出来ないものと考えてしまうのです。
自賠責保険とは、最低限の補償をするために強制加入になっている保険という意味であり、当然そこでは最低限の補償額の支払いしかない訳です。

しかし、弁護士に依頼すればこのような厄介な問題を、簡単にスルーすることが出来ます。なぜなら、弁護士は、裁判所の基準で示談交渉をするため被害者本人と保険会社とのやり取りで獲得できる賠償額より大幅な増額を期待することが出来るからです。